FAQ - よくある質問 -


項目:
サプリメントの基礎知識
個人輸入・配送について
AMORYNについての質問
SEREDYNについての質問




サプリメントの基礎知識
   
成分のところで出てくる「標準化」とはどういう意味ですか?
ハーブは植物のため土壌や日照度により影響を受けます。同じハーブであっても含まれる成分の量は同じではありません。有効成分をきちんと一定量摂取できるように、濃縮する加工法を標準化といいます。これにより、ロットに影響を受けずにいつも同じ量を摂取することができます。


 

 

 

 

個人輸入・配送について
   
購入金額が16,666円以上になってしまうとどうなるのですか?
16,666円を超えてしまう場合は、課税対象になってしまいます。その場合、購入金額の目安として5〜20%が課税されます。また、商品は関税を払わないと受け取れなくなりますので、ご注意ください。
   
オーダーから何日で商品が到着しますか?

商品はオーストラリアからの発送になりますので、オーダーをいただいてから7〜14日ほどかかります。お届けは郵便局が行います。受け取りにサインや印鑑は必要ありませんが、ポストに入る大きさではないため、手渡しとなります。ご不在の場合は、郵便局の配達員が不在票を残させていただきますので、その指示に従って再配達の指定をしてください。なお、この場合でも受け取りにサインや印鑑は必要ありません。

   
配達されたときに不在だった場合はどうなりますか?
配達時にご不在の場合は、郵便局の配達員が不在票を残させていただきます。その指示に従って再配達の指定を行ってください。なお、受け取りにはサインや印鑑は必要ありません。


 


AMORYNについての質問



AMORYNの基本的なことについて
AMORYNは私にも効くのでしょうか?
効果を感じられるようになるまでにどれくらいの時間が必要ですか?
AMORYNとセント・ジョーンズ・ワートエキスの違いはなんですか?
AMORYNとSEREDYNの違いはなんですか?

服用について
AMORYNの服用は毎日ですか?必要があるときだけですか?
1日何カプセル服用すればいいですか?
1日のなかでいつAMORYNを服用すればいいですか?

安全性について
現在、処方された抗うつ薬を服用しているのですが、AMORYNを服用しても大丈夫ですか?
現在、処方された抗不安薬を服用しているのですが、AMORYNを服用しても大丈夫ですか?
AMORYNは子供にも安全ですか?
妊娠中、もしくは授乳中にAMORYNの服用はできますか?
AMORYN服用中にアルコールを摂取しても大丈夫ですか?
処方薬をすでに服用しているのですが、ARMORYNを同時に服用することはできますか?
ビタミン剤や栄養補助サプリメントとともにAMORYNを服用することはできますか?
とても重いうつ病と自殺願望がありますがAMORYNは効きますか?

考えられる副作用について
AMORYNの服用で副作用はありますか?
考えられる副作用はどのようなものがありますか?
AMORYNの服用で体重増加はありますか?
AMORYNの服用開始後に不安を多く感じるようになりました。これは正常ですか?
AMORYNの服用後に眠れなくなったら、どうしたらいいですか?
AMORYNを服用したら頭痛がしたら、どうしたらいいですか?

 


AMORYNの基本的なことについて
   
AMORYNは私にも効くのでしょうか?
AMORYNの主成分は臨床的にもうつ状態や不安を緩和する効果があることが証明されています。AMORYNユーザーに対して行ったアンケート結果でも、80%以上が効果があったと回答し高い成功率を示しています。同じように、あなたにも高い確率で効果があることいえます。しかし、個人により効果は違います。AMORYNは、どうにもならなないマイナス感情を改善するのに効果があるサプリメントでありますが薬ではありませんのでご注意ください。
   
効果を感じられるようになるまでにどれくらいの時間が必要ですか?
AMORYNの効果は徐々に出てくるもので、即効性はありません。多くのユーザーは毎日、数週間服用を続けた結果、結果を感じています。ユーザーの半数以上は服用から4週間以下で効果を実感していますが、人によっては効果を感じるまでに6〜8週間かかることもあります。一度、効果が出始めると継続的に効果は向上していきますので、最大限の効果を出すには8週間かそれ以上かかることが予想されます。
   
AMORYNとセント・ジョーンズ・ワートエキスの違いはなんですか?
AMORYNは標準化された一定量の良質なハイパーフォリンを含んでいて、このハイパーフォリンはセント・ジョーンズ・ワートの有効成分です。1日の服用量(通常2カプセル)には少なくともハイパーフォリンが45mg入っています。AMORYNに含まれるハイパーフォリンはヨーロッパでうつ病に処方されるものと同等レベルの良質なものです。市販されている他のセント・ジョーンズ・ワートのサプリメントはハイパーフォリンが必要量含まれていないためほとんど効果がありません。たとえ、そのサプリメントのセント・ジョーンズ・ワートが標準化されていたとしても、ほとんどがハイパーフォリンではなく、ハイペリシンのみの場合があるので、注意が必要です。ハイペリシンはいくらかの効果があるとしても、主要有効成分ではないため、ハイパーフォリンに劣ります。AMORYNに含まれるセント・ジョーンズ・ワートは世界でも最高品質のもので、セント・ジョーンズ・ワートの効果を最大限引き出すことができます。
   
AMORYNとSEREDYNの違いはなんですか?
AMORYNとSEREDYNの両方は不安やパニックを緩和することができます。しかし、含まれている成分が違うため、効果を出すまでのメカニズムが違います。SEREDYNを服用すればすぐに(15〜60分以内)落ち着きをもたらします。SEREDYNを毎日服用することも可能ですが、症状を緩和したいときに服用するのも効果があります。AMORYNには即効性はなく徐々に効果があわられるので、毎日服用することが必要です。気分の抜本的改善にはAMORYNを、症状緩和にはSEREDYNをお試しください。この2つは併用可能で、併用することによりより良い効果が期待できます。
 
服用について
   

AMORYNの服用は毎日ですか?必要があるときだけですか?

AMORYNは毎日服用してください。ときどきの服用忘れは問題ありませんが、断続的もしくは必要があったときの服用を想定して配合されていません。ほとんどのユーザーは効果を感じるまでに毎日づくなくとも1回の服用を数週間継続しています。詳しくは服用方法をご覧ください。
   
1日何カプセル服用すればいいですか?

推奨される服用数は1日2カプセルで、ほとんどの場合この量で効果が現れます。もし服用開始から4週間が経っても効果を感じられない場合は、服用量を1日3〜4カプセルに増やしてみてください。重要なのは、ほとんどのユーザーは服用開始後すぐに効果を感じていないことです。少なくとも服用開始後から数週間は様子を見てから服用量を増やしてください。もし体が敏感、小さいもしくは副作用が出ている場合は1日の服用量を減らすことを検討してください。なお、一度に2カプセル服用するよりも朝1カプセル、午後1カプセル服用するなど分散した服用が効果的です。詳しくは服用方法をご覧ください。

   
1日のなかでいつAMORYNを服用すればいいですか?
朝に1カプセル、午後もしくは早めの晩に1カプセルの服用から始めてください。服用タイミングは必要に応じて調整可能です。一度に1カプセル以上服用しないようにしてください。吸収と効果を高めるために服用間隔はすくなくとも数時間はあけてください。たとえば、不眠がちなどの場合は1日の最後の服用を早めるなど自由に服用時間を調整してください。
 
安全性について
   
現在、処方された抗うつ薬を服用しているのですが、AMORYNを服用しても大丈夫ですか?
どの種類の抗うつ薬を服用している場合は、AMORYN服用前に主治医にご相談ください。ほとんどの場合、主治医が許可すれば併用は問題ありません。詳しくは薬との併用をご覧ください。
   

現在、処方された抗不安薬を服用しているのですが、AMORYNを服用しても大丈夫ですか?

バリウム(R)、ザナックス(R)やアティバン(R)などのベンゾジアゼピン系の抗不安薬と併用しても安全です。SSRIなどの他の処方抗不安薬と併用する前に主治医にご相談ください。詳しくは薬との併用をご覧ください。
   
AMORYNは子供にも安全ですか?

AMORYNは10代の子供にも安全ですが、12歳以下の場合は小児科医の指導の元で(他のサプリメントも)服用してください。18歳以下の場合は、保護者の管理の元で服用してください。幼い子供の場合は、1日1/2カプセルから、10代の場合は1日1カプセルの服用から開始するようにしてください。開始から2週間後に服用量を増やすこともできます。

   
妊娠中、もしくは授乳中にAMORYNの服用はできますか?
妊娠中、もしくは授乳中にAMORYNの服用が母体や赤ちゃんに害があるという研究結果はありませんが、AMORYN(もしくは他のサプリメント)服用前に医療専門医に相談するようにしてください。
   
AMORYN服用中にアルコールを摂取しても大丈夫ですか?
はい。適量のアルコール摂取は問題ありません。アルコール摂取量を増やしたからといって害があるという研究結果はありませんが、過度の摂取は控えるようにしてください。アルコール中毒はうつ状態や不安症からの回復を妨げます。
   
処方薬をすでに服用しているのですが、ARMORYNを同時に服用することはできますか?
もし、現在処方薬を服用している場合は、AMORYN服用前に主治医にご相談ください。ほとんどの処方薬と同時に服用してもAMORYNは安全ですが、例外もごく稀にあります。MAO阻害剤を服用している場合は、AMORYNの服用は避けてください。もし、SSRI抗うつ薬や他の処方された精神関係の薬を服用している場合は、主治医の管理下のもと服用してください。AMORYNはHIV治療薬や経口避妊薬(ピル)の効果を下げることがあります。詳しくは薬との併用をご覧ください。
   
ビタミン剤や栄養補助サプリメントとともにAMORYNを服用することはできますか?
はい。ビタミン剤や栄養補助サプリメントと一緒にAMORYNを服用しても安全です。他のマルチビタミンとともにAMORYNを服用しても効果的です。
   
とても重いうつ病と自殺願望がありますがAMORYNは効きますか?
AMORYNは思いうつ病を緩和することはできますが、薬の代わりではありません。もし、重いうつ病と自殺願望がある場合、早急に専門医にご相談ください。
 
考えられる副作用について
   
AMORYNの服用で副作用はありますか?
ほとんどの人は副作用をまったく感じません。もし副作用が起こったとしてもほとんどの場合、軽いものです。詳しくは考えられる副作用をご覧ください。
   
考えられる副作用はどのようなものがありますか?
ほとんどの人に副作用はありませんが、軽いものなら発生の可能性はあります。一番一般的な副作用は頭痛と胃のむかつきです。他には吐き気、不眠、疲労感、それと日光過敏があります。AMORYN服用開始後に稀に一時的な不安増加を感じることがありますが、通常少なくとも1ヶ月服用を続けることで解消できます。詳しくは考えられる副作用をご覧ください。
   
AMORYNの服用で体重増加はありますか?
ほとんどの人はAMORYNの服用で体重が増えることはありません。劇的な体重変化は不安やうつ状態の気分に悪影響を与えるので、ご注意ください。AMORYNの成分「ハイパーフォリン」には食欲を正常化させる働きがあるので、体重維持に役立ちます。
   
AMORYNの服用開始後に不安を多く感じるようになりました。これは正常ですか?
通常、長期で見るとAMORYNは不安を軽減させますが、初めての服用後に不安を多く感じることがあります。これは、ごく稀で、AMORYNが効いていないということではありません。AMORYNの効果を実感していただには、少なくとも4〜8週間は必要です。服用開始から数週間後に不安を多く感じたとしても、通常数ヵ月後には不安は改善されています。
   
AMORYNの服用後に眠れなくなったら、どうしたらいいですか?
ほとんどの人はAMORYNによって睡眠パターンが改善されます。しかし、ごく稀にAMORYN服用開始後に眠れなくなることがありますが、これはよい兆候だともいえます。過眠症はうつ病の典型的な症状の一つです。うつ病が良くなるにしたがって、睡眠時間は短くなります。数時間の睡眠時間低減は正常です。しかし、重大な不眠や睡眠障害がある場合は服用スケジュールを調整してください。1日の中の2回目の服用を昼食とともにしたり、午後の早い時間にしたりすることによって改善することがあります。これでもまだ睡眠に問題がある場合は、服用を朝の1カプセルのみにしてみてください。この量でも十分に効果は見込めます。
   
AMORYNを服用したら頭痛がしたら、どうしたらいいですか?
頭痛は考えられる副作用の1つです。(しかし、約10%のユーザーのみ頭痛を感じます。)AMORYNによる頭痛は、通常服用を数日から数週間継続することにより解消します。頭痛を早く解消するために、余分に水分を摂るようにしてください。まだ頭痛が残るようでしたら、服用を朝1カプセルに減らしてみてください。この量でも十分に効果は見込めます。
 


 


SEREDYNについての質問



SEREDYNの基本的なことについて
SEREDYNは私にも効くのでしょうか?
服用からどれくらいの時間で効き始めますか?
SEREDYNの効果はどれくらいの時間持続しますか?
AMORYNとSEREDYNの違いはなんですか?

服用について
SEREDYNの服用は毎日ですか?必要があるときだけですか?
1回に何カプセル服用すればいいですか?また、1日に何回服用すればいいですか?

安全性について
現在、処方された抗うつ薬を服用しているのですが、SEREDYNを服用しても大丈夫ですか?
現在、処方された抗不安薬を服用しているのですが、SEREDYNを服用しても大丈夫ですか?
SEREDYNは子供にも安全ですか?
妊娠中、もしくは授乳中にSEREDYNの服用はできますか?
経口避妊薬(ピル)との併用は大丈夫ですか?
SEREDYN服用中にアルコールを摂取しても大丈夫ですか?
処方薬をすでに服用しているのですが、SEREDYNを同時に服用することはできますか?
ビタミン剤や栄養補助サプリメントとともにSEREDYNを服用することはできますか?

考えられる副作用について
SEREDYNの服用で副作用はありますか?
考えられる副作用はどのようなものがありますか?
SEREDYNに中毒性や依存性はありますか?
SEREDYNの服用をやめたときに禁断症状はでますか?

 


SEREDYNの基本的なことについて
   
SEREDYNは私にも効くのでしょうか?
ほとんどのSEREDYNユーザーは服用から30分以内にリラックス効果を実感しています。SEREDYNの成功率は極めて高く、90%以上のユーザーは効果があったとしています。しかし、個人差があるのも事実ですが極めて高い確率で効果を実感していただけるはずです。
   
服用からどれくらいの時間で効き始めますか?
空腹時の服用から15分、満腹時の服用で30〜60分で効き始めます。BioNeurix社独自の調査によると、69%のユーザーは服用から30分で効き始めたと回答しています。
   
SEREDYNの効果はどれくらいの時間持続しますか?
平均的に、4〜6時間持続します。もちろん個人差はありますが、長い人で8時間以上持続したとした人もいます。
   
AMORYNとSEREDYNの違いはなんですか?
AMORYNとSEREDYNの両方は不安やパニックを緩和することができます。しかし、含まれている成分が違うため、効果を出すまでのメカニズムが違います。SEREDYNを服用すればすぐに(15〜60分以内)落ち着きをもたらします。SEREDYNを毎日服用することも可能ですが、症状を緩和したいときに服用するのも効果があります。AMORYNには即効性はなく徐々に効果があわられるので、毎日服用することが必要です。気分の抜本的改善にはAMORYNを、症状緩和にはSEREDYNをお試しください。この2つは併用可能で、併用することによりより良い効果が期待できます。
 
服用について
   
SEREDYNの服用は毎日ですか?必要があるときだけですか?
症状により異なります。もし、長引く不安や定期的なパニック発作がある場合は、SEREDYNを毎日服用して継続的な症状緩和をお勧めします。もし、突発的な不安やパニック発作がある場合は、症状がある必要なときだけ服用してください。SEREDYNはさまざまなタイプの症状に対して高い成功率を誇っています。
   

1回に何カプセル服用すればいいですか?また、1日に何回服用すればいいですか?

通常、1カプセルで十分な効果を発揮しますが、人によっては2カプセル必要な場合もあります。推奨される服用量と回数は、1回1〜2カプセルを1日3回までです突発的な症状の緩和のために服用する場合は、1回1〜2カプセルを服用してください。極めて辛い不安やストレスがある場合は、3カプセル服用してください。いずれの場合も、1日の服用量が6カプセルを越えないようにしてください。詳しくは服用方法をご覧ください。
 
安全性について
   

現在、処方された抗うつ薬を服用しているのですが、SEREDYNを服用しても大丈夫ですか?

一般的に、セレクサ(R)、レクサプロ(R)、ルボックス(R)、パキシル(R)、プロザック(R)およびゾロフト(R)などのSSRI系抗うつ薬と併用しても安全です。それ以外では、エフェクサー(R)およびウェルブトリン(R)などの非SSRI系再取込み抑制薬との併用も安全ですが、MAO阻害薬との併用は避けてください。もし、処方薬を服用している場合は、SEREDYNや他のサプリメントを服用するまえに主治医に相談するのが好ましいです。
   
現在、処方された抗不安薬を服用しているのですが、SEREDYNを服用しても大丈夫ですか?
一般的に、バリウム(R)、ザナックス(R)やアティバン(R)などのベンゾジアゼピン系の抗不安薬と併用しても安全です。SEREDYNは鎮静剤の効果を助長することがあるので注意が必要ですが、指定の服用量を守っている限り危険はありません。もし、鎮静剤との併用をする場合は、SEREDYNの効果を理解するまで車や重機の操作にはご注意ください。SEREDYNが抗不安薬の効果をよい方向に増強し抗不安薬の服用量を減らすことができたとした報告もありました。もし、処方薬を服用している場合は、SEREDYNや他のサプリメントを服用するまえに主治医に相談するのが好ましいです。
   
SEREDYNは子供にも安全ですか?
SEREDYNは10代の子供にも安全ですが、12歳以下の場合は小児科医の指導の元で(他のサプリメントも)服用してください。18歳以下の場合は、保護者の管理の元で服用してください。
   
妊娠中、もしくは授乳中にSEREDYNの服用はできますか?
妊娠中、もしくは授乳中にSEREDYNの服用が母体や赤ちゃんに害があるという研究結果はありませんが、AMORYN(もしくは他のサプリメント)服用前に医療専門医に相談するようにしてください。
   
経口避妊薬(ピル)との併用は大丈夫ですか?
はい、大丈夫です。SEREDYNは経口避妊薬の効果を妨げたり、避妊薬物療法との相互作用はありません。
   
SEREDYN服用中にアルコールを摂取しても大丈夫ですか?
SEREDYN効果を理解するまで、アルコール摂取は控えてください。一般的に、SEREDYN服用中の適度のアルコール摂取は安全ですが、アルコールの鎮静効果を助長することがあります。SEREDYN服用中の過度のアルコール摂取は避けるようにしてください。
   
処方薬をすでに服用しているのですが、SEREDYNを同時に服用することはできますか?
眠気をもよおす筋弛緩剤、睡眠薬、抗不安薬、鎮痛剤やその他の薬を服用している場合は、SEREDYN服用前に主治医にご相談ください。SEREDYNはこれらの薬の鎮静効果を助長することがあります。MAO阻害薬との併用は避けてください。もし、重大な医療状況にあるときはSEREDYN服用前に主治医にご相談ください。
   
ビタミン剤や栄養補助サプリメントとともにSEREDYNを服用することはできますか?
はい。ビタミン剤や栄養補助サプリメントと一緒にSEREDYNを服用しても安全です。しかし、SEREDYNはAMORYNと併用すると、最大限の効果を発揮します。
 
考えられる副作用について
   
SEREDYNの服用で副作用はありますか?
ほとんどの人に副作用は一切ありません。もし副作用が出たとしても軽いもので、5人中4人が「軽かった」としています。
   
考えられる副作用はどのようなものがありますか?
SEREDYNを服用して副作用を感じる可能性はとても低いです。もし、副作用が現れたとしてもほとんどが軽度でしばらくすれば解消します。一般的な副作用としては、眠気、めまい、胃のむかつきや頭痛です。SEREDYNは鎮静薬の効果を助長したり、血圧を下げることがあります。
   

SEREDYNに中毒性や依存性はありますか?

いいえ。指示通り服用している限り、SEREDYNに中毒性や依存性はありません。もし継続的に服用してもSEREDYNに頼りきりになる心配はありません。
   
SEREDYNの服用をやめたときに禁断症状はでますか?

他の抗不安薬と違い、SEREDYNの服用をやめたとしても深刻な禁断症状がでることはありません。服用をやめるとしても禁断症状を心配することはありません。ただ、もしSEREDYNを毎日数ヶ月間に渡り服用した後に止める場合は、7〜21日間にかけて徐々に服用量を減らしていくことをお勧めします。突然の服用中止も安全ではありますが、徐々に中止していくほうが不安症状などの再発リスクを軽減することができます。

 

 

 

プロフィール

しん店長
こんにちは。当店ではメンタルヘルスに特化したサプリメントのみ扱っています。メンタルを知り尽くした当店がオススメするのは、厳選した理由のあるたった3商品のみです。ぜひ、お試しください。
ストアマネージャのブログ

カート

カートを見る

検索

カテゴリー

詳細情報(商品情報)

メールマガジン

Feeds

RSS - ATOM